スキップしてメイン コンテンツに移動

規則2

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
====
メタとは規則のことである。

長い考察を経て、一旦この定義に辿り着いた。この定義がどれくらいの強度を持つのか、この定義からどのように論理が発展するものか、少しずつ試していきたいと思う。

ゲーデル、エッシャー、バッハにおいて、メタは中心的なテーマであった。が、メタについては数多くの例証はするものの、「メタとは何か?」という問いに遂には答えを出していなかった(そもそも著者の主要な関心は、メタそのものではなく、メタが引き起こす現象そのものだったのだから無理はない)。

そこでは、メタとは規則の階層でもあり、意味の階層であった。そして、この「両面」を多角的に論じることで、知性の謎に迫ろうと言うものであった。なるほど、知性を語ろうとするならば、現象の「解釈」とそこから「意味」を見出す作業を抜きにしては語れまい。

しかし、「メタとは何か」を語る上では、意味はむしろただの副産物と言って良い。極めて重要な副産物ではあるが。

(上の段落の「言い切り」は、ちょっとした冒険である…ぼく自身、まだ「メタとは規則である」という定義を受け入れきれてはいないのだから。これは一旦言い切ってみるとどうなるかの実験である)

例えば、機械語とアセンブリ言語の関係を見るとする。機械語は単なる0と1の羅列でしかなく、CPUは単なる機械語のインタープリタだ。そして、アセンブリ言語は、その機械語と一対一に対応する、人間にとって(幾分)意味の分かりやすい命令セットである。

この関係においては、アセンブリ言語が機械語に対してメタ的な関係であるということができよう。こんな言い方ができる。「無機質な0,1の並びに意味を与えた」と。さらにC言語がアセンブリ言語に対してより直感的なインターフェイスを与えると、より人間にとってプログラムコードの「意味」は明示的となる。こうした意味の階層が、メタレベルそのものだと思ってもおかしくはない。

しかし、意味が単なる副産物だと置き、翻訳規則そのものに注目しよう。つまり、アセンブリ言語も単なる記号でしかなく、機械語とアセンブリ言語、アセンブリ言語とC言語の間には、単に記号間の翻訳規則があるだけだ、と。そして、その規則そのものがメタなのだと。

機械語に対してメタなのは、アセンブリ言語そのものではなく、アセンブリ言語と機械語の対応規則なのだ。

この違いは大きい。規則は変えうる。アセンブリ言語と機械語の対応関係は、規則を変えれば全く変わる。アセンブリ言語自体をメタ階層だと考えていたときより、ずっと動的な印象を受ける。それは、規則を一度定めると、それに従った現象が生じるにつれ、どんどん変えがたいものとなっていくからだ。アセンブリ言語は、規則の結果生み出され、広く使われているがゆえに、もはやその仕様を変更するのは不可と思えるほどだ。

以前検討した、ネーミングに関する謎も、容易に説明できる。コンセプトに対してネーミングを行うというのはメタ的行為に思えるのに、一度名前を付けると、その対象物としてのコンセプトは変化させうる。一方で名前そのものは変え難くなる。果たしてネーミングがメタレベル的に上なのか、コンセプトのほうが上なのか?
これは、名前そのものがメタレベルなのではない。「あるコンセプトに、ある名前を対応付ける」という行為(規則)がメタなのだ。ネーミングという行為そのものをメタレベルだと考えると、コンセプトは単なる変数でしかない。ただし、規則に従って生み出した生成物(名前)は、やはり変えがたいものとなる。


コメント

このブログの人気の投稿

両端

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
====
根源を求める、という思考様式を繰り返してきた。

なぜ?を繰り返して根源にたどり着く。
問題を分解し、少数(できれば一つ)の要素にたどり着く。

別にこういう思考様式が悪いとは思わない。こういう思考様式を繰り返してきたからこそ、得られるものもある。「詳細まで知り尽くす」事によってしか得られないものは、あるものだ。
物理運動を語るとか、システムの動きを語るとか。内部を語り、モノを自在に操るには、どうしても細部に向かう思考が必要となる。

ただ、現在事業づくりをしていて、こうした思考様式が全く通じない世界があるとわかった。投資家は、哲学を求めない。原因を求めない。まず「どう儲かるのか?」が説明できないと、全く話にならない。

いつもの癖で、ぼくが抱えるこうした問題の根源をやはり求めてみる。思うに、根源を求める思考と、ビジネス的なマインドの間には、大きく分けて2つの隔たりがある。

一つは、根源を求める活動は静的であることだ。根源にたどり着いたと思ったところで、そこには運動がない。対して、ビジネスは非常にダイナミックだ。時間の経過で状況はどんどん変化する。

もう一つは、根源を求めたところで、その根源となる部分の寄せ集めで全体を語ることができないということだ。これはシンプルに全体論の議論と重なる。部分を足し合わせても全体にはならない。

そして更にこれはレベルがある。低レベルの詳細は、それより上のレベルからは隠蔽されているし、そうあるべきだ。分子運動を研究する研究者は、原子核の詳細を知る必要はない。心理学を研究する研究者は、脳細胞の詳細を知る必要はない。そして、経営をするものは製品の詳細を知る必要はないし、投資を行うものは企業活動の詳細を知る必要はないのだ。

そんなことはない、という反論もあろう。低レベルの詳細を知っておくに越したことはない、と。その反論に対し、実際の現象を引き合いに出さずに再反論することは難しい。天候現象を知るために、クオークの理論を知る必要があるだろうか?と。ただ、これは経験したことがない人に心の底から納得してもらうのは極めて難しいように思える。

今苦しんでいることは、上の2つ、ダイナミズムへの無理解と、全体論的な現象に集約されていると言っていい。

ぼくは、時系…

虚ろな月

月が綺麗だった

空っぽな私を映す鏡のように
虚ろな月が
白く照り輝いていた

手を伸ばせども届かず
見つめれば雲間に隠れ

私の小さなよしなしごとなど
すべて見透かしているかのように
もしくはなにも知らぬかのように

そこにただ
月はあるのみ

ただあるものに意味を宿すのは人
宿した意味に揺さぶられるのも人

ならば意味を宿すに意味はあるか
この詩を綴ることに意味はあるか

虚ろ
虚ろ

虚ろな月が
白く照り輝いていた

空っぽな私を映す鏡のように
月が綺麗だった

符号

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
----
物事は重なるものである。

仕事や個人的なイベントのラッシュをくぐり抜け、なんとか平穏な精神生活を取り戻してから1週間。

長らく溜まっていたタスクたちを全て消化したその日。

会社の将来を占う、極めて重要な通達がなされた。

決していいニュースではない。ただ、「会社ごっこ」をやめ、本気で経営に取り組まねばならないという危機感をもたらしてくれるという意味では、決して悪い話ではない。

ぼくの人生のフェーズが変わる。それを象徴するかのような1日を終え、決定的なシーンを何度も反芻し、胸を締め付けられるような切なさと感謝を感じながら、挑戦者の気持ちを胸新たに、多少の高ぶりを感じている。悪くはない。

こうした物事の重なりはただの偶然と知りつつも、そこに意味を見出そうとするのは愚かだと知りつつも、戯れに「運命」などを感じてみる。そのほうが面白いがゆえに。