2016年12月31日土曜日

2016

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
この一年は、実践の年であった。サービスを一つ世に出し、運営した。多くの企画ごとや遊びを行い、人と交わった。

特にあらゆる価値観を肯定する、というスタンスに身を置くことを定め、実践を繰り返して態度を補強してきたのは、自分的には価値があった。交友関係は広がったし、思考の柔軟性も高まったように思う。また、価値観の肯定を心より行うためには、自身と違う考え方をまずは受け入れる必要があるが、そのために私は「面白い」という言葉を発するようになった。この習慣が、相手に対する自然な敬意を抱くことにもつながっており、相対的に自分が謙虚になるのも良い変化である。

ただ、あらゆる価値観を肯定するという態度を保ち続けることの難しさも日々実感している。どうしても好みは偏り、自分に禁じている以下の言葉を発してしまう。

・つまらない
・くだらない
・興味ない

来年は引き続き、こうした言葉を発さない人間になるための実践を繰り返す日々となるだろう。

また、今年は実践を重んじたがために、学問に時間を割けず、また、生活に意識的な学びの時間を入れることができなかった。来年は、最先端コンピューティングと数学、そして現実の社会に関する知識の習得に時間を割いていきたい。