2016年11月11日金曜日

貴賤

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----

昨日から頭を占めている事柄は、学に貴賤はあるのか、ということだ。


「蹴鞠おじさん」という言い方で、ヨッピーさんが問題提起を行なった。その件について、当事者の方々のご意見などをSNSで拝見したりしているが、正直、議論が全く噛み合っていないように思える。


ちなみに私は「どっち派だ」と問われたら「どちらでもない」と答える。ただ、「蹴鞠おじさん」と呼ばれた側はやはり冷静さを欠いてしまっていて、何を突かれたのか理解していないようには見える。


「蹴鞠おじさん」の件から私が感じ取ったのは、要するに知識人、業界人の「上から目線」が鼻持ちならないというメッセージだ。もちろん、ヨッピーさんも「蹴鞠おじさん」も、もっといろんなことを引き合いに出して語っている。だが、私には「蹴鞠おじさん」のスノッブさを糾弾しているというのが、問題の大きなウェイトを占めているように思える。


そして思うのだ。学に貴賤はあるか?と。


話題になったハンドブックを「読めない」と漏らした人物を、「学が足りない」と見下すことは容易である。だがその人は、一般的に「学」と呼ばれる事の少ない、しかし実践的な知識を普段から学んでいるかもしれぬ。Google Analyticsの使い方や、引きの強いタイトルの付け方、いかに低コストでSEOに強い記事を生成するか、自分が対象とする読者層のニーズは何か、などなどなどなど。これは立派な学ではないか?


また「蹴鞠おじさん」はもしかすると、若い人よりも学びに時間を割いてきたから、より多くのことを知っているかもしれぬ。それが、これからも多くを学ぶはずの若いひとを見下す理由になるだろうか?


私がこうした物言いをしていることからも、何を学ぶかに貴賤はあるか?という問いについて、私がどう考えるかは明白だろう。私は「ない」と考える。


ただ、個人的な恥を晒すようで恐縮だか、私は昔、「ある」と考えていた。哲学を学ぶ方が、ゲームの攻略法を学ぶよりも価値が高いのだと。科学を学ぶ方が、ラノベを読むより価値が高いのだと。しかしその態度が最終的に私にもたらしたものは、「自分が興味を向けるものは価値が高く、そうでないものは価値が低い」「自分が学んだものは価値が高く、そうでないものは価値が低い」という我ながら鼻持ちならない態度であり、それに気付いてからは、何を学ぶかということに対する価値観の物差しを投げ捨てた。全ての学びは同様に価値があり、価値がない。そう考えれば、あらゆる人が私より何かを学んでおり、知っており、あらゆる人を師と仰ぐことができる。そうした態度の方が、この無知蒙昧極まりない私という人間には合っている。


さらに言えば、学ぶことは学ばないことよりも価値が高いのだろうか?否、と答えたい。


価値があるから学ぶのではない。学びたいから学ぶのだ。