2016年10月31日月曜日

私的言語

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
最近実は、個人的なメモアプリ(Google Keep)に考えを書き留めている。以前はそういう作業はこのブログで行うのが常だったのだが、より自由な思考を求めて、プライベートなメモを使用してみている。

やはり、誰にも見られないことが前提だと、開放的になって何でも書けるのは良いところだ。物事を考える時には、タブーを設けてはいけない。自然と考えの幅が狭くなってしまうからだ。

しかし副作用もある。自分にしか通用しない言葉をどんどんと生み出してしまうのだ。そして、言葉はどんどんと鋭さを帯びる。思考が先鋭化していくのを感じる。誰からも咎められる心配がないので、思考のバランスを取る必要がないからだ。

そうして鋭さを増し、自分の世界で論理的な完全性を何度も確かめられ、容易に崩せないドグマへと変容していく。そうしたドグマは、自分だけでなく他人にも大きな遠慮力を及ぼしてしまう。「絶対的な正当性」という幻想的な力をおびてしまうのだ。

このように、自分の言葉に一面的な「正しさ」を帯びさせることは、プロパガンダが必要な局面では非常に有効ではある。政治家、宗教家、マーケターにとっては必要不可欠な心的作業だ。しかし一方で、その正しさを普遍的なものと見なすようになることは実に容易であり、非常に危険だ。世界を客観的に眺められなくなり、時勢を見誤り、敵を作り、自分と異なる価値観を否定し、世界を狭くする思想だ。さらに良くないのは、その「正しさ」を自らが疑えなくなってしまうと、人にその正しさを伝えたくなってしまうのだ。自分と違う価値観を持つ人に対し「誤っている」と、特にまだ特定の価値観に染まっていない人には自分の正しい考えを植え付けようとしてしまう。これは本当に品のない行いで、絶対に辞めなくてはならない。

今回のことから得た教訓としては、否定を忘れた自由な思索は先鋭化して「正しさ」を帯び始めるということである。こうして一般公開しているブログに、他者の目を多少でも意識しながら書いているのは、そういう「自分へのブレーキ」という意味合いがあったのだと、今頃になって気付いた。

自己批判を忘れてはいけない。常に自分を二律背反の状態に置き、矛盾を飼いならすこと。そうすると言葉を失う。矛盾を抱えたままで正義の言葉を吐くことはできないからだ。そしてぼくは語る言葉をなくし、人の言葉を聴くしか無くなる。ぼくが言葉を発するのは、人の言葉を促す時と、アンチテーゼを控えめに提示することだけ、そうあるべきだ。