2016年3月4日金曜日

選択

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
価値観について考えていると、自然と、人生における選択というトピックに辿り着く。人が価値観というものを必要とするのは、主に物事を選択するためだからだ。

選択に迷うのは、価値観が定まっていないからだ。価値観が定まっていなければ、何に重きを置き、何を諦めるかが決められない。人生における難しい問いの数々は、価値を定められない自分こそがその原因である。

何かを選ぶという事は、何かを捨てるということだ。選んだものがあるなら、選ばなかったものがある。ぼくが常々問題にしているのは、この「自分が選ばなかったもの」を軽んじる態度のことだ。そして、自分が選んだものこそが「価値が高い」と見なしてしまう態度のことだ。

自分が選ばなかったものを、とても大事に選び取った人や、それを選ばざるを得なかった人も、きっといる。だから、自分が選ばなかった物事を軽んじたり、悪し様に言うのは常に悪手である。むしろ、自分が選ばなかった道を選んだ人に、敬意を持って接するべきである。

選ばなかった物事に対しては、自然と関心が薄くなり、あまり知らないという状態になる。だから、自分が選ばなかった物事については多くを語るべきでない。広く世の中に関心を持って、バイアスの少ないものの見方をしたいと思うのなら、価値判断は可能な限り減らし、「選ばない」物事を減らすべきなのである。