2016年2月16日火曜日

悪癖

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
昨日、「周回」という文章を書いたことで、何かひと段落ついたような気がしている。今年に入ってから続いていた内省の日々に、一旦終わりが訪れるのやも知れぬ。

何度も書いているが、こうした内省の日々は、ほぼ無駄だ。自己満足のための文章、多分に反駁の余地が残る論理、そんなものを後に残すだけだ。おまけに、そんな論理すら記憶の彼方に消えていくのだ。

どこかでケリを付けて、現実世界に戻らねばならぬ。現実世界に背を向けて、あれやこれやと理屈を付けることの、なんと楽なことか。昔はこんな時間を貴重なものと考えてきた。今はただの悪癖としか思わぬ。

限られた人生の時間を、そろそろ現実との戦いに振り向けるときが来ているのを感じる。そろそろ。