2016年2月29日月曜日

筋道

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
昨日、日曜日朝にやっている将棋の番組を見ていて、取材を受けていた棋士が興味深いことを言っていた。その棋士は、将棋に限らず政治、経済、文化を幅広く網羅する知識の持ち主だとのことだった。彼が言うには、「すべて将棋に強くなるため」なのだという。

なぜ、政治や経済について学ぶことが、将棋の強さに繋がるのか、その筋道は門外漢にはわからぬ。しかし同時に、その気持ちは痛いほどよくわかる。ぼくは、「将棋に強くなる」と言った明確な目標は持たぬまでも、自分の世界を広げたいという欲望は常に切実に感じているからだ。

しかしここでいつもネックになっていたのが、自分が物事に対して関心を向ける際の「癖」だ。ぼくの関心の向け方は、母親譲りなのだろう、深くて狭い。一度のめり込むと周りが見えなくなるタチだ。そういう言い方をすると、人から「そこまでのめり込めるなんて羨ましい」と言われる事も多いが、ぼくからすると自然にバランスの取れた関心を配れるタイプが羨ましくてしょうがない。ぼくはこの性格のせいで、いつまで経っても世間知らずだし、自分が関心を持てないことを「価値が低い」と断じてしまう悪い癖からなかなか抜け切れない。

ただ、最近では朗報もある。1つは、自分が歩み始めた「起業家」という道は、あらゆることに関心を配ることが、本当に重要だということ。経営者にとって世間知らずは致命的だ。それは、あらゆることに関心を配らねばならない理由となる。そして、理由があるとぼくはハマれるタイプである。筋道が必要なのだ。件の棋士も、きっとそういうタイプだと信じて疑わない。

もう1つは、価値観に関してグダグダ考えていたおかげで、先に述べた悪癖 ー 自分が関心を持てないことの価値を低く見積もろうとする ー が、克服できる兆しが出て来たということ。まだまだ完全には程遠いが、自分が何かの価値を低く見積もろうとした瞬間に、「待て」が掛かるようになってきた。価値を低く見積もろうとしているのは、自分の理解が足りていないからではないか?というわけだ(そしてそれは常に正しい)。すると、自分が関心を向けていなかったところにこそ、価値があるもの、面白いものがあるのではないかと思えるようになる。自然な関心が沸き起こるようになってきた。

最近だと、これまで全然興味なかった国際関係や歴史、地理などに少しずつ興味が湧いてきたのを感じる。悪くない。