2016年2月19日金曜日

フェチ

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
何でも屋、になりつつある。プログラミングやライティング、プランニングあたりが得意領域だが、最近はプロダクトマネジメントはもちろん、アプリや名刺、パンフレットなどのデザインを自分でしてみたり、起業するにあたって、ファイナンスなどについても最低限の知識が必要になってきた。

こうして様々な役割を担うようになると、プロフェッショナルとアマチュアの違いとはなんなのか、を考えたくもなる。

例えばデザイン。最近はデジタルなツールが充実しているので、ツールの使い方を少し覚えてしまえば、それなりのものは作れてしまう。で、自分で言うのもなんだが、割と人に見られたり読まれたりという活動をしてきたので、それなりに自分の生み出したものを客観視する力はあるつもりだ。平均点くらいのものは作れる自信がある。

しかし、それ以上となると、なかなか難しい。もっと時間をかけてツールに習熟したり、知識を集めればもっと上達できる気はするのだけど、そこまでは行かない。つまり、「そこまで時間をかけるほど関心が高まらない」というのが、一番のボトルネックなのだ。

ぼくは「関心」というキーワードに特に思い入れがあるものだから、プロフェッショナルとアマチュアを分ける大きな要素は「関心の強さ」だと思いたい。金が稼げてればプロ、とかそんな分け方はつまらない。対象に強い関心を持ち、ひたすら細部にこだわり完璧を目指せる人。それに情熱を注げる人。フェティズムを発揮できる人。変態性すらも肯定される、というより、ぼくは肯定したい。

翻ってぼくは、どんなフェチだろうか。なんにでも関心はあるが、フェチと言えるほどの関心を持って取り組んでいることはない。ただ1つあるとするなら、新しいものを生み出すこと、そこには強い関心がある。今やっている起業活動も、「お金」というものに向き合わずに新しいものを生み出すのには限界を感じたからこそ、お金を扱う術を身に付けるためにやっているのだ。まだまだ一歩を踏み出しただけであるが、「新しい物事を生み出すプロフェッショナル」と呼ばれる日が来ることを目指して、日々精進あるのみである。