2016年2月3日水曜日

結び目

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
以前、「書く」という行為の問題を取り上げた際に、「書くことで思索に『結び目』が生まれる」と書いた。自分自身、結び目という表現は気に入っている。

結び目とは、思索の一旦の収束地点だ。例えば「人を殺してはいけない」という結び目は、社会生活を営む上で数かぎりない要因によって何度となく結び固められ、多くの人にとって、もはや疑う余地もない、結び目を解いてみようという気すら起きない地点となっている。少なくとも、この日本では。

ぼくは幸か不幸かこの人生で、そうした様々な結び目を自分の中で解いてみたいと思うようになった。結果、およそ徹底はできていないものの、以前自分の中にあった多くの根拠なき思い込みを、ある程度は解くことには成功したように思える。

問題はその後だ。結び目を一旦全て解いたとして、しかし、そのままでは生きてはいけない。例えば法を守らない自由を発見したとして、実際に守らなければ、社会生活を営めない。例えば仕事で、そもそも0から考え直すというのは時に有意義だが、打ち合わせのたびにそれをやられたんじゃたまらない。コンセンサスという名の、「みんなで作った結び目」を毎回解きにかかるような奴は疎まれるだろうし、そもそもコンセンサスが形成できまい。結び目は、人が生きる上で必要不可欠なのだ。

とはいえ、苦労して一旦解いた思索の糸束に、また沢山の固い結び目を作り、色んな思い込みを抱え込むのも面白くない。せっかく心が自由になったのに、また自分自身を束縛することになる。

ならば、ゆるく結ぼう。必要だから、結ぶ。必要だから法を守り、疑わない。よほど異論がない限りはコンセンサスを尊重し、疑わない。ただ、必要な時にはいつでも疑えるようにしておく。信じることが結び目を作ること、疑うことが結び目を解くことである。

また、結び目について人にあまり語らぬことだ。人に語れば、人目を気にして、結び目を解きづらくなる。

そして、徹底的に疑うべきは自分だ。意図して作ったはずの結び目に自分が囚われるなど愚の骨頂であるが、容易に想像できるシナリオだ。自分の発する言葉を疑え。自分の書いた文章を疑え。

そうして、ぼくの言葉から「真実」「真理」の匂いを徹底的に消す。ぼくが発する言葉は、常に何らか間違っている。願わくば誰も、ぼくの言葉から真理などを読み取ることのありませんように。真理を語る口より、ユーモアが欲しい。