2016年1月25日月曜日

ツール

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
今日は筆が乗る。こんな日もある。

前回のポストで、「書く」ことの功罪について考えた。

書くことに限らず、およそこの世にあるものはすべて、善悪長短両面持ち合わせている、という想いを強くしている。もはやそれはぼくの中でのドグマに近い。それは価値の相対化が自分の中で働き始めた結果だ。何事も、単純に割り切らなくなってきた。「良い」と思った瞬間その物事の悪い面を、「悪い」と思った瞬間にその物事の良い面に想いを巡らせる。そうした態度の積み重ねにより、特定の価値観に支配されない自分を作ろうという、些細な取り組みである。

物事にはすべて善悪両面ある、という態度が少しずつ身に付いてくるにつれ、次に湧き上がってきたのが、すべてはツールである、という気持ちである。

例えば書くことには功罪がある。では、もう書くべきではないのか?そうではない。むしろ、「書く」という行為の利点欠点を見据え、うまく利用すべきだと考える。書くことが思考を固定化させてしまうのであれば、その欠点には気を払いつつ、考えを一旦固定化させたいときに、意識的に「書く」という行為を行えば良い。例えば今書いているこの文章のように。書くことで一旦思索を収束させ、次の思索の起点とする。ぼくはこれを、「(書くことで)思索に結び目を作る」と呼ぼう。あとでほどきやすいよう、ゆるく結んでおくことが肝要だ。

ではここで、道徳という現象について考えてみる。ここ数年のぼくは、ニーチェよろしく道徳を攻撃するばかりで、その利点には目を向けてこなかった。改めて考えてみると、道徳とは、人が社会を営む上で蓄積された、価値観の集大成と言える。その地域が持つ歴史によって道徳の有り様は様々だが、その地域で社会生活を営むものは、その道徳を尊重する義務を負わされる。およそその地域に住むもの全て、道徳という一枚岩の価値観を、程度の差こそあれ共有している。道徳から外れれば、社会から阻害される。あまりに道徳的では、嘘臭い。道徳は人間の感情や愛着、幸福感、自由という概念とも密接に関連している…など。

道徳とは、こういう類のツールである。「ツールである」という、この突き放しが、大事なのだ。ツールならば、利用できる。道徳に支配されることなく、道徳をコントロールできる。

このように、全てがツールであるという想いを強めているのが最近のぼく、新年に「私記」というタイトルの結び目を作って以降のぼくである。これが、ハイデガーが「道具」と呼んでいた概念であろうか。そうかもしれない。ハイデガーは例によって挫折中だが、そのうちまたチャレンジしてみよう。