スキップしてメイン コンテンツに移動

削ぐ

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
言葉は、削ぎ落とすごとに力を増す。10説明したいところをぐっとこらえ、削ぐ、削ぐ、削ぐを繰り返し、残った1には、100を伝える力がある。

削ぎ落とすという工程を経ない言葉は、幾重にも塗りたくった厚化粧のようなものだ。真に伝えるべき言葉の上に、不要な言葉を積み重ね、言葉のインパクトを損ね、真意を濁らせてしまう。

厚化粧してしまう理由は2つある。

1つは真意の価値を小さく見られまいという意識。真意の価値を1とするなら、1以下に見られないようにする努力のことだ。誤解への恐れ、過小評価への恐れだ。

もう1つは真意の価値をより大きく見せたいという意識だ。1の価値を持つ真意を、2,3に見せたいという努力のことだ。多くは虚栄心の為せる業だ。

人は誤解を恐れ、過小評価を恐れ、より自分を大きく見せたいがため、言葉の限りを尽くそうとする。だが残念ながら伝わらない。人間という、記憶にも集中力にも限りがある動物には、長い論理や、聞きたいこと以外の部分は頭に入ってこないのだ。

だから、削る。誤解されるかもしれない、小さく見えてしまうかもしれない、ギリギリのラインまで削る。時には敢えてラインを踏み越えて削る。「誤解を恐れず言うなら」「恥ずかしいことに」などの枕詞を添えれば、それでも真意は充分に伝わるものだ。

しかし、言葉を削ぐのは、他者に伝えるためだけではない。むしろ自分のためだ。

他者から誤解されること、他者から小さく見られることなど、実はそれほど大した事ではない。そんなことは日常茶飯事、他者が自分のことを正確に理解するなど、もとより期待できないのだから。それよりも恐ろしいのは、自分の綴った万の言葉に、自分自身が騙されてしまうことだ。

言葉を紡ぐという行為には、必ずフィクションの入り込む余地がある。多くの言葉を紡ぐなら、多くのフィクションが入り込む可能性があるということだ。

例えば、「自分のやりたいことは何か」と言った定番の質問に自問自答を帰納的に繰り返し、とても綺麗な結論を導き出す。その結論(「やりたいこと」)から今度は演繹的にやるべきことを定める。この長いステップの中に、人を間違いに導く分岐点がどれほど多く含まれていることだろうか。気付けば意に沿わぬ事をしている。ぼくはそんな回り道を、この人生で何度も何度も繰り返してきた。

そんな愚を繰り返さぬよう、ぼくは、言葉を削ぎ落とす。答えの出ない問いには、「答えられない」「わからない」で良い。「自分が生涯かけてやりたいことはなんですか?」と問われれば、「いやー、わからないですねー」と答える。それは勇気だ。飾らない言葉ほど、強い。飾らない勇気。

このブログの人気の投稿

ゆるGEB(げぶ)という読書会を開催しました

昨日、通称「ゆるげぶ」こと「【ゆるふわ】ゲーデル・エッシャー・バッハ読書会」という会を催してきた。

その名の通り、ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環という本をみんなで読む会である。株式会社コパイロツトさんに場所をお借りして、男性3名、女性5名という男女比での開催となった。なんの気負いも打算もなく、純粋に(知的)好奇心だけで行動できる人が女性には多い。これって実はすごいことだと思う。

そして、「ゆるく読もう」をテーマに集まり、参加者みなそれを心がけていたはずなのに、結局のところ3時間超、自己紹介の時間を除いても2時間程度、みながみな必死に思考の限りを尽くす時間となった。

まだ序論しか読んでいない状態なので、「この本はどんな本(だった)か」を語れる立場にない。しかしそれでも言えることは、とにかく難物である。文章そのものは平易で、表現もストレート。難しい専門用語もほとんど使わない。なのに、難しい。とにかく次々に「知性で乗り越えねばならない壁」を眼前に突きつけられるような感覚を抱かされる本である。

だからこそ、乗り越えた時は喜びもひとしおである。昨晩は、「数論の命題を数で表すことができれば、数論の命題が数論の命題についての命題であり得ることを見抜いた」という文章(P.33)について、参加者が次々に説明にトライしては玉砕していたり、集合についての問題(P.37)についてみんなで数十分頭を悩ませたり…と、これまでの人生であまり出会ったことのない体験に遭遇できた。いろんなイベントを企画してそれなりの体験をしてきた身としては、こういう新感覚に出会うことは望外の喜びである。そうか、人間は難しいことに悩むという体験も、共有することでエンターテイメントに昇華できるのだな、と。

個人的な理解はまだまだ追いついていない状態だが、これからの展開に対する予感も含めて現時点での感想を書くと、「『(論理的に)考える』とは何なのか」について語っている本なのだろうと感じている。

アキレスが亀に追いつけない」という逸話で有名なゼノンのパラドックスや、「クレタ人はみな嘘つきである」で有名なエピメニデスのパラドックス、そして先ほどの集合はラッセルのパラドックスから着想した問題らしいが、現実世界では問題にならないことが、思考で捉えようとすると、論理として成立せず、真とも偽とも言えない状態が…

符号

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
----
物事は重なるものである。

仕事や個人的なイベントのラッシュをくぐり抜け、なんとか平穏な精神生活を取り戻してから1週間。

長らく溜まっていたタスクたちを全て消化したその日。

会社の将来を占う、極めて重要な通達がなされた。

決していいニュースではない。ただ、「会社ごっこ」をやめ、本気で経営に取り組まねばならないという危機感をもたらしてくれるという意味では、決して悪い話ではない。

ぼくの人生のフェーズが変わる。それを象徴するかのような1日を終え、決定的なシーンを何度も反芻し、胸を締め付けられるような切なさと感謝を感じながら、挑戦者の気持ちを胸新たに、多少の高ぶりを感じている。悪くはない。

こうした物事の重なりはただの偶然と知りつつも、そこに意味を見出そうとするのは愚かだと知りつつも、戯れに「運命」などを感じてみる。そのほうが面白いがゆえに。

両端

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
====
根源を求める、という思考様式を繰り返してきた。

なぜ?を繰り返して根源にたどり着く。
問題を分解し、少数(できれば一つ)の要素にたどり着く。

別にこういう思考様式が悪いとは思わない。こういう思考様式を繰り返してきたからこそ、得られるものもある。「詳細まで知り尽くす」事によってしか得られないものは、あるものだ。
物理運動を語るとか、システムの動きを語るとか。内部を語り、モノを自在に操るには、どうしても細部に向かう思考が必要となる。

ただ、現在事業づくりをしていて、こうした思考様式が全く通じない世界があるとわかった。投資家は、哲学を求めない。原因を求めない。まず「どう儲かるのか?」が説明できないと、全く話にならない。

いつもの癖で、ぼくが抱えるこうした問題の根源をやはり求めてみる。思うに、根源を求める思考と、ビジネス的なマインドの間には、大きく分けて2つの隔たりがある。

一つは、根源を求める活動は静的であることだ。根源にたどり着いたと思ったところで、そこには運動がない。対して、ビジネスは非常にダイナミックだ。時間の経過で状況はどんどん変化する。

もう一つは、根源を求めたところで、その根源となる部分の寄せ集めで全体を語ることができないということだ。これはシンプルに全体論の議論と重なる。部分を足し合わせても全体にはならない。

そして更にこれはレベルがある。低レベルの詳細は、それより上のレベルからは隠蔽されているし、そうあるべきだ。分子運動を研究する研究者は、原子核の詳細を知る必要はない。心理学を研究する研究者は、脳細胞の詳細を知る必要はない。そして、経営をするものは製品の詳細を知る必要はないし、投資を行うものは企業活動の詳細を知る必要はないのだ。

そんなことはない、という反論もあろう。低レベルの詳細を知っておくに越したことはない、と。その反論に対し、実際の現象を引き合いに出さずに再反論することは難しい。天候現象を知るために、クオークの理論を知る必要があるだろうか?と。ただ、これは経験したことがない人に心の底から納得してもらうのは極めて難しいように思える。

今苦しんでいることは、上の2つ、ダイナミズムへの無理解と、全体論的な現象に集約されていると言っていい。

ぼくは、時系…