2015年12月21日月曜日

謙虚

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
今年あった、非常に好ましい変化としては、謙虚になったことが挙げられる。

スタートアップをやる、となると、一人ではできないことだらけなわけで、自然と自分の力の至らなさ、小ささを悟る。今まで持っていた自信なんてものは、自分にできることの範囲内が世界の全てだったと勘違いしていたことに起因するとしか、今は思えない。

「努力すれば、なんでもできる」という幻想は、はるか遠いものになってしまった。ついでに言えば、努力すれば報いられるなんてことも思ってない。自分に何がしかの価値があるなんてことも思わないし、そんなことを考える自分が、この世で最も無価値なのだとも思う。世界で一番価値がないのは、このぼくだ。

説明が難しいのはここからで、ぼくは先に述べたような、一見するとすごくネガティヴな思考を、とてもポジティブに考えているということだ。自分に大した力がないことを自覚すれば、人に頼らざるを得ない。人に頼る、それが受け入れられるというのは、この世で一番楽しいコミュニケーションだ。自分に価値がない、というか、価値判断という行為を投げ捨てる。すると、自分に価値があるかとか、人生に価値があるかとか、そんな愚問に頭を悩ませずにすむ。

世界で一番、価値がないのは自分という存在である。そしてそれを喜ばしく思う。これこそ究極の謙虚。ひがみもない。人の良いところを積極的に認められ、知ったかぶりをすることもなく、勝ちも負けも素直に認められる。

…と、まるで悟ったかのようであるが、まだまだ道半ばである。自意識が頭をもたげたり、知ったかぶりしてしまったりということは、未だによくある。日々精進。