2015年12月9日水曜日

2015/12/09 境界

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
最近、チームのエンジニアリングについて知ったこと。

どうやっても、分業ってのは発生する。効率を求めるなら、担当者を一度決めたらあまり動かさない方がいい。誰でも、どこの仕事でもする、できるっていうのは、理想でも何でもない。

人がやってた仕事を引き継ぐと、どうしたって前任者の仕事を理解するのに時間が掛かる。また、自分の仕事のやり方と違うので、どうしたって気にくわない。で、結局、全部直したくなってしまう。リファクタリングという名目のもと、すべて書き換え、機能的にはデグレしたり、バグを仕込んでしまったりする。

だから、思い切って分業し、担当者を決めてしまうことが、全体の能率を最大化する一つの道だ。

ただし、二つ問題が生じる。
一つは意思決定の問題。意思決定者を分ける(これも分業)事になるので、意思決定者の責任が相対的に重くなる。意思決定者は、この重責に耐えなくてはならない。
もう一つは、縦割りの問題。担当者を分けてなるべく動かさないようにするなら、自分の責任範囲以外に関心がなくなるのは自然な流れだ。

これを打開するには、コミュニケーションするしかない。特に、責任範囲の境界線でのコミュニケーションは、とてつもなく重要。