2015年9月17日木曜日

メモ 2015/09/17 帰属

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
帰属意識というものが、決定的に欠けている。

昔から、どの組織に所属しようと、自分と組織を同一視したりしたことがない。人が作った会社とかはもちろんのこと、自分が作った組織やコミュニティ、果ては家族に至るまで。

だから、「うち(の会社、コミュニティ)」と言った言い回しをほとんどした事がない。名刺交換をするときとかも、会社名を名乗る事もない。

どうしてこうなったのか、なんて理由はどうでもいい。問題は、ぼくが抱いているこの感覚が人に与える影響や、人との感覚のズレだ。

html5jというコミュニティを主宰していた事がある。でも、ぼくにとっては「今この瞬間、自分が主宰している」という事実があるのみで、コミュニティにとって自分が必要不可欠、と思った事は1度もなかった。

家族もそうである。たとえぼくが死んでも、残された人々の人生は続く。会社だってそうだ。ぼくがいなきゃ、潰れるかもしれないが、そこにいた人々の人生は普通に続いていく。読書会を主宰しているが、ぼくがいなきゃ続かないだろうが、別に読書会がなくなっても、世の中の大勢に影響はない。

ここに書いた事は別に、悲観的なつもりもない。ただそれが事実だと思うのだ。人々の集まり、これをコミュニティと呼ぼう、コミュニティというものを一つの生き物のように考えて、組織の死を嘆き悲しむ、そういう感覚がぼくにはないようだ。そういえばぼくは、人類というコミュニティが滅びてしまったとしても別に構わないと思ってる。うーん、こんな風に書くと、破滅主義者と誤解されそうだが、そうじゃない。死があるから、生が輝くと思うのだ。個人にせよ、コミュニティにせよ。死ぬその瞬間まで、精一杯生きれば、それでいいだろう?(この意見は、岡本太郎に相当影響を受けているな)

いつの間にか、帰属意識の話から、死の話になってしまった。

ただ、帰属意識はないけど、愛着はそれなりにある。家族、会社、地域、祖国。それらの死を恐れない訳でもないし、死を嘆かない訳でもない。コミュニティに入ったら、それの盛り上げには人一倍尽力する自信もある。ただ、自分がそこに必要不可欠とは思わないし、だからこそ抜けることにあまり恐れもない。それが責任感の欠如に繋がってもいるだろうし、一方で、「このコミュニティは永遠に不滅だ」とか、現実的でない考えに囚われないという利点もある。

まあ、こんなところだ。新宿着いたので終了。