スキップしてメイン コンテンツに移動

メモ 2015/09/17 帰属

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
帰属意識というものが、決定的に欠けている。

昔から、どの組織に所属しようと、自分と組織を同一視したりしたことがない。人が作った会社とかはもちろんのこと、自分が作った組織やコミュニティ、果ては家族に至るまで。

だから、「うち(の会社、コミュニティ)」と言った言い回しをほとんどした事がない。名刺交換をするときとかも、会社名を名乗る事もない。

どうしてこうなったのか、なんて理由はどうでもいい。問題は、ぼくが抱いているこの感覚が人に与える影響や、人との感覚のズレだ。

html5jというコミュニティを主宰していた事がある。でも、ぼくにとっては「今この瞬間、自分が主宰している」という事実があるのみで、コミュニティにとって自分が必要不可欠、と思った事は1度もなかった。

家族もそうである。たとえぼくが死んでも、残された人々の人生は続く。会社だってそうだ。ぼくがいなきゃ、潰れるかもしれないが、そこにいた人々の人生は普通に続いていく。読書会を主宰しているが、ぼくがいなきゃ続かないだろうが、別に読書会がなくなっても、世の中の大勢に影響はない。

ここに書いた事は別に、悲観的なつもりもない。ただそれが事実だと思うのだ。人々の集まり、これをコミュニティと呼ぼう、コミュニティというものを一つの生き物のように考えて、組織の死を嘆き悲しむ、そういう感覚がぼくにはないようだ。そういえばぼくは、人類というコミュニティが滅びてしまったとしても別に構わないと思ってる。うーん、こんな風に書くと、破滅主義者と誤解されそうだが、そうじゃない。死があるから、生が輝くと思うのだ。個人にせよ、コミュニティにせよ。死ぬその瞬間まで、精一杯生きれば、それでいいだろう?(この意見は、岡本太郎に相当影響を受けているな)

いつの間にか、帰属意識の話から、死の話になってしまった。

ただ、帰属意識はないけど、愛着はそれなりにある。家族、会社、地域、祖国。それらの死を恐れない訳でもないし、死を嘆かない訳でもない。コミュニティに入ったら、それの盛り上げには人一倍尽力する自信もある。ただ、自分がそこに必要不可欠とは思わないし、だからこそ抜けることにあまり恐れもない。それが責任感の欠如に繋がってもいるだろうし、一方で、「このコミュニティは永遠に不滅だ」とか、現実的でない考えに囚われないという利点もある。

まあ、こんなところだ。新宿着いたので終了。

コメント

このブログの人気の投稿

「本好きの祭典」東京読書サミット#4を開催します!

今週土曜(7/6)、「東京読書サミット」というイベントを開催します📖

このイベントは今回で4回目。
毎回「本」と「本好きの人々」に囲まれた、幸せな空間を演出しております。
どんなイベントか? 今回で4回目ですので、だんだんイベントの「型」も定まってまいりました。
毎回こんな構成で行っております。

16:00-16:30 受付
16:30-16:35 はじめに
16:35-17:20 トークライブ
17:20-17:50 ビブリオトーナメント(予選)
17:50-18:00 10分間休憩
17:55-18:20 ビブリオトーナメント(決勝)
18:20-18:30 結果発表・写真撮影・終了
18:30-19:30 懇親会

ビブリオトーナメントとは?
ビブリオトーナメントとは、参加者同士をつなぐために考案された東京読書サミットの目玉企画です。

このワークショップでは、まず参加者の皆さまをグループに分けたあと、グループ内で「わたしの大事な一冊」をテーマにプレゼン&ディスカッション。

その後投票を行い、一番「読んでみたい」と思わせる本の紹介をした方は、決勝プレゼンに進むことができます。
(決勝プレゼンと言っても、司会者との対談形式で進めますので、あがり症の方でも安心です)



決勝プレゼン後の投票で一位に選ばれたら、その方と、その方を輩出したグループの皆様にはちょっとした景品を贈呈いたします。
ちょっとしたゲーム要素があるおかげで、会話が盛り上がること、グループのメンバーと仲良くなれることは請け合いです😊
トークライブトークライブは、ゲストが「わたしの大事な一冊」をテーマにして、縦横無尽に語り尽くします。

無知

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
====
今日は、自分が一番物を知らなくて、一番物分りが悪くて、一番ピントがズレてて、そこに居た皆さんが先生で、ずっと緊張してて…最高に楽しかった。ぼくはなんだか、自分の世界を常に広げ続けていたいタイプらしい。願わくば、死ぬまで世界を広げ続けていたいものだ。自分に価値を求めないことで心の安寧を得ている人間としては、自分の慢心を打ち砕き、自分が一番無知であるような場は本当にありがたい。そんな場では、誰もぼくに特段の関心を払わない。なぜなら、その場で一番無価値な人間だからだ。
もちろんそんな場は居心地が悪い。逃げ出したい。不安だ。疲れる。つらい。
しかし、そんな場で素直に自分の無知を認め、自分よりも遥かに年下の人たちに教えを乞うという体験が、最高に刺激的で、生きていると言う実感さえ得られる。逆に言えば、居心地のいい場所でのんびり構えている時は、半ば死んでいるようなものとすら感じられる。願わくば死ぬまでこういう経験をしていきたいものだ。死ぬほど、生きろ。悪くないコピーじゃないか?

笑み

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
====
今この瞬間にしか書けないことを書く(だからこそあとで見ても意味がわからない、たぶん)。ちゃんと笑っている。ちゃんと無意識に笑みを浮かべている。ぼくの意見を否定されたのに。そのことに気付いたとき、ものすごく嬉しかった。ぼくは今、くだらない自尊心が心のどこにも無かった。目的が達成できるなら自分の意見や存在などどうでもいいと思っていた。そして、人が遠慮ない意見をぼくにくれる、この状況を心から楽しんでいた。40年生きて、ようやくここまで来た。第一歩だ。自分のことを健やかに軽んじることができた。ありがたし。