2015年8月19日水曜日

メモ 2015/08/19 無知

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
最近、自分がどこまでも無知であるということをよく思う。

無知の知、というやつだ。だからと言って、残念ながらソクラテスのレベルに自分が達したというわけでもなく、ただただ自分の無知を省みる機会が増え、どこまでいってもぼくは無知なのだ、というある種の諦念を身につけたというだけである。
 
元々、哲学的な思考に足を踏み入れたのは、エンジニア的な好奇心が強かったからであるように思う。エンジニアリングの知識を身につける上で(というか学業全般であろうが)重要なのは、本質的な理解である。それは、理系的な面からいうとこの世を支配している法則の理解であり、文系的な面からいうと創始者や創作者の思想を理解することに他ならない。

ある時、こうした本質理解の欲求が社会そのものに向いた時から、ごちゃごちゃ考える日々が始まった。その日々がもたらしたものは何なのか、今はまだよくわからない。

ただ一つ、最近感じることであるが、もし社会や人間の本質を多少なりとも理解したところで、大したことではないということだ。この世界を動かしているのは、ぼくを含む市井の人々の日々の行動であり、それらの行動はそれぞれ専門分化された知識体系を背景とする。それらの膨大な知識と行動は、「社会と人間の本質」とやらと何らかの関連を持っているかもしれないが、だからと言って本質を理解した人間がオールマイティになんでもできる訳ではない。哲学者が万能じゃないのは、考えるまでもない(むしろ役立たず?)。

結局、社会や人間の本質を理解して、それを自分の人生に応用したいと考えたが、結局そんな応用は叶うべくもなく、日々それらの職能に従事している人々こそが知恵と経験を蓄え行動していてエライ、ということを知るだけに終っただけでなく、そもそも本質理解とやらが可能なのかどうかすら怪しい、いやむしろ人間には多分無理ということが分かってきたというのが事の顛末である。

得られたものといえば、自分には知らない事だらけであり、知らぬまま死ぬのだという事実への気づきと、ぼくの知らない事を知っている他者という存在への驚きと敬意くらいであろうか。まあそれはそれで、得たものとしては悪くない。ただ、こんだけごちゃごちゃ考えて成果がそれだけというのはコスパ悪い事この上ない。もう少し、上手に人生の時間を使えないものなのか、自分。