2015年8月12日水曜日

メモ 2015/08/18 文学的

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
先日、「まれ」というドラマの脚本について妻と話していた時に、自分の口から「脚本に粘りが足りない」という言葉が飛び出した。

ただそれだけなのだが、ぼくが「まれ」について思っていた感想をズバリと言い表したような気がして、かなり気に入ったのを覚えている。
(万人が同様の感想を抱くわけじゃないというのは重々承知しつつ)

こういう、心の中にある言語化されていない感覚を、適切な言葉で表すセンスこそが、文学的センスというのだろう。いや、「適切」では足りない。受け手の予想を超えつつ、「まさにそれしかない」という表現を発想するセンスが、文学者には必要だ。

昔、川端康成の「雪国」の書き出しを読んだ時の衝撃が忘れられない。「トンネルを抜けると、そこは雪国だった」。完璧すぎる。100年たっても色褪せないとはこのことだ。一文字の無駄もない。

翻って自分はどうか。ここ数年、コピーライターを自称していろいろ言葉を弄してはいるが、まだまだだな、と感じるだけでなく、だんだん衰えを感じるようにもなってきた。言葉をひねり出すのに必要な、膨大なエネルギーが、なかなか捻出できない(これはトシのせいなどではなく、色んなことを同時並行で考えなくてはならない立場だからだ…と思いたい)。

自分の書いたコピーで、今のところ一番のお気に入りは、htmlday向けに書いた「さあ、お祭りだ。」だ。htmldayとは何かを端的に表現しつつも、人を高揚させる力がある。HTML5 Japan Cupの「日本のWebを、たぎらせろ。」は悪くないが、「たぎらせろ」を全部ひらがなにした(滾らせろ、じゃ読めないと思って)せいで、力強さが損なわれている。「タギらせろ」と、カタカナを入れれば、力強さが補われてなお良かったのに。

昨日CMを見てふと思ったが、ランドセルに「天使のはね」と名付けた人は天才だと思う。子供を持つ親の気持ちを深く理解している。このネーミングは、企業に何十億円もの利益をもたらしたことだろう。

文学的センス、衰えさせている場合ではない。だが、コピーライティングに集中できるような立場ではないのも確か。人生はなかなか難しい。

いつもながら、とっ散らかった文章だな。