2015年8月10日月曜日

メモ 2015/08/10 価値

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----
ここ最近の、意味や価値について考えている思索の続き。

人間は、日々実に多くの価値判断をしながら生きている。

人間が1日に行う価値判断の回数はどれほどだろう?100?200?1000?

人間は、なぜ事物に価値を見出すのか?
価値の源泉はどこにある?

そんな根本的な問いを投げかけたとしても、「客観的に正しい」定義に辿り着ける気がさっぱりしない。価値の概念は、あまりにふわっとしすぎている。ぼくはよく知らないが、マルクスの剰余価値説だとか、ベンサムの功利主義などは、モデルとしては良いが、価値という不可思議な現象をあまりに単純化しているのではないかという予感を禁じ得ない。

そう言いつつも、自らその「過度な単純化」という(魅力的な)愚行にぼくも手を染めてみる。

価値の源泉は、最終的には本能的な快、不快に基づくのではないかと思う。そこに、後天的な学習の成果が幾重にも積み重なることで、価値判断の速度と精度を人それぞれに高めていく。例えば通貨という概念を理解すると、通貨を引き換えに様々な「快」を得られることを学び、より多くの通貨に価値を感じるようになる、といった具合だ。更に、「ダイヤモンドは高いもの」という学びのあとでは、ダイヤモンドに多くの価値を感じるようになる。

価値の高低を測るには、多くの情報を要する。例えば絵画一つ取っても、誰が描いたのか、金額に換算したらどうか、制作時期はどうか、そこに使用されている技巧、作品のテーマ、などなど、素人考えでも沢山出てくる。ましてや、例えば日本国憲法の価値を測る、としたらどうだろう。数かぎりない情報や見解を集めた末、結局価値が「ある」か「ない」か、意見が収束することはまずあるまい。

そして、価値を測る対象に付帯する情報、それを「属性」と呼ぶなら、それらの属性は全て対象物とシーニュの関係を形作る、と言って差し支えあるまい。