スキップしてメイン コンテンツに移動

メモ 2015/08/04 意味2

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
----

昨日「意味」というものについて考えたが、まだ足りないので続き。

意味と価値

意味と価値は、時に同じような文脈で用いられる。「意味がない」は「価値がない」と同義であることがよくある。「それ、やる意味あんの?」という問いかけは、「それ、やる価値あんの?」と言い換えても違和感がないように思う。
この理由を探るために、価値判断のプロセスについて少し想いを巡らせてみる。

「価値があるかないか」は、対象の意味を解釈していないと判断できない。100円玉と50円玉のどちらが価値が高いかは、それらの硬貨が指す意味を理解していなければならない。ここから演繹すると、意味解釈は価値判断に先立って必要とされる。まさしく、「意味がわからなければ判断のしようがない」。

だから、「意味がない」は「価値がない」と近い文脈で用いることができるのであろう。本来、価値を判断するには、意味が必要とされる。意味がないのであれば、価値の判断のしようがない。価値判断ができない場合、人は価値判断を保留せざるを得ない。その状態は、「価値がある」ことを望む人にとっては満たされるものではない。

人は、「自分の人生を価値あるものにしたい、価値あるものだと人にも思われたい」と願うからこそ、自分の人生に意味付けを求めるのではないか。

意味付け

さて、「意味付け」という言葉が示す通り、意味は恣意的に設定することができる。人生の意味、プロジェクトの意味(ミッション)、会社の存在意味(意義)…などなど、事物が先行し、あとから意味を加えるという行為が実際に行われているのは、枚挙にいとまがない。

それもよく考えれば当たり前のことで、世界は実際に存在(実在)しており、出来事は実際に世界の中で絶え間なく起きているわけで、「意味を付ける」という行為に対して実在が先行するのは当然だ。

この、「意味付けは恣意的な行為である」ということに気づくと、色々なことに応用できる。例えばあるプロジェクトが失敗に終わったとする。プロジェクトメンバーは、プロジェクトに関わった時間が全て無意味だったのではないかという不安で落ち着かない気持ちになる。そこでリーダーが、「プロジェクトは失敗したが、次に繋がる多くの学びを得た。次に活かそう」と宣言したとする。すると、その失敗プロジェクトは、「次に繋がる多くの学びを得る(ためのものだった)」という意味付けを与えられ、メンバーはホッとする。プロジェクトに費やした時間が「無意味=無価値」ではなかった、ということに安心するのだ。

他の例を挙げよう。
スティーブ・ジョブズは、iPhoneを初めとした革新的な製品を世に送り出した、史上最も偉大な偉大なイノベーターである。もしこの文章が正しければ、スティーブ・ジョブズ(の人生)は、「史上最も偉大な偉大なイノベーター」という意味付けがなされたと言って良いだろう。「史上最も偉大なイノベータといえば」スティーブ・ジョブズ、といった具合である。ではこの意味付けはいつなされたのだろうか。また、誰がその意味付けをしたのか?こうした意味付けは、彼が実際に革新的な製品を世にいくつも送り出すにつれて、彼以外の多くの人びとによってなされたのである(そして彼が亡くなったあと、更に多くの人びとによって、その意味付けは不動のものとなった)。彼は産まれた時から偉大なイノベーターであるとみなされていたわけではない。

こうして考えると、シニフィアンとシニフィエの関係は、単に「固定されていない」というだけではなく、非常にダイナミックなものであると気づく。先行する実在に対して、それを言い表す(別の)言葉を与えた瞬間から、シニフィアンとシニフィエの関係が発生する。例えばそれは、新種の生物に対して命名を行うという行為かもしれないし、既に名前を与えられているもの(「スティーブ・ジョブズ」)に対して、別の「代名詞」(「史上最も偉大なイノベーター」)を与えることかもしれない。そして、そういう「意味付け」が行われたあとは、そのシニフィアンとシニフィエはイコールの関係となる。「スティーブ・ジョブズといえば最も偉大なイノベーターであり、最も偉大なイノベーターといえばスティーブ・ジョブズ」といった具合である。ただし、こうした意味解釈が通用するのは、特定のコミュニティ、特定の時代に限られたことであることは注意が必要だ。アフリカの原住民に「史上最も偉大なイノベーター」を訪ねても、スティーブ・ジョブズの名前が出てくることはまずあるまい。

ここでまた、人生の意味ということについて考える。人は誰でも、自分の人生を価値あるものにしたいと望むだろう。人によってその度合いは様々だが。
人生に対する価値判断を行うのは誰だろう?自分?他者?

自分が自分の人生に価値を認める、それがあるべき形だ。それは自分の人生に満足するということだ。

ただ、自分の人生に価値を認めるために、他者からの評価を必要とする人は実に多い。誰からも認めてもらえないまま、もしくは誰からも忘れ去られつつ、自分の人生に価値があったと満足して死ぬというのは、なかなかに難しかろう。

では、他人に価値を認めてもらう、しかもできるだけ多くの人に…という場合どうするか?

行動により、自分の存在を知らしめることだ。それは、その行動によって代名詞を獲得することと言って良い。「白石さん?ああ、○○の人ね」という具合に。これはつまり、先に述べた「意味づけ」と同じことだ。この「○○」が、ユニークであればあるほど、固有の意味を持つことになる。

つまり、自分の人生に価値を感じたい人が取る行動は意味の希求であり、それは人々の記憶に残るような代名詞の獲得である。

ただ、代名詞の獲得そのものが目的になってしまった場合、人は突拍子もない行動に出て、悪名すらも望むことがある。これが、功名心を動機とした犯罪の原因であろう。すると、犯罪者として名を残すことで、人生に一応の意味は付くものの価値が低い、ということになってしまう。

コメント

このブログの人気の投稿

ミッション

今日はぼくにとって重要な日となった。
個人のミッションステートメントを変更したのだ。

新しいミッションステートメントは「ひとのために生きる」である。

これまでのミッションステートメントは「0から1を、1つでも多く生み出す」であった。2014年、とあるイベントで人前で宣言してしまい、それ以来従事してきたミッションだ。それに従って数多くの物事を生み出してきて、クリエイティブな思考の鍛錬と、多くの人々をつないできた。

しかし数を追う思考になってしまい、集中力の欠如、配慮の欠如、作り手中心の目線、自己中心的な心理、サステナビリティの欠如、家族との時間が減る、などの弊害も生み出してきた。

とはいえ物事はすべて表と裏、トレードオフがあるものだ。弊害があったとしても、それを反省、後悔してミッションを変えるに至ったわけでもない。

ただ、スタートアップ創業者という立場によって集中を余儀なくされ、ミッションを字義通りに追いかけていくことが難しくなったこと、そして何より、ミッション・ステートメントから力を得られなくなっていたことが問題であった。

ミッションとは、自分の行動を一貫させ、意思決定のコストを減らし、物事を迅速に進めるためにある。そうした力を得られないミッション・ステートメントは、かえって弊害にしかならない。実際、ここ最近、謎のストレスと不完全燃焼感に付きまとわれていた。

そうしたとき、自分が最もやる気が出ることに思いを馳せると、「人が喜んでくれるのが嬉しい」というシンプルなことであった。自分の行動や言動で、人が笑顔になってくれることが嬉しい。その笑顔のためなら、自分は限界以上の力を出せる。

だから、「ひとのために生きる」である。

きれいすぎるフレーズなのは自覚している。個人のミッションは、あくまで自分のためのものなので、人にどう思われるかはどうでもいい。

コピーライターとして一つだけ工夫したのは、「ひと」をひらがなで開いたことだ。この「ひと」には、どんな漢字を充てても良い。「他人」でもいいし、「人」でもいいし、「人間」でもいい。

ただ、「ヒトノタメニイキル」というフレーズを耳にしたら、まずは「他人のために生きる」という漢字を想起するだろう。まずはそれでいい。その後、自分を含む「人」のために生きるというのもありだな、とか、「人間」もありだなとか、思い至ればいい。この、「『他人』…

「本好きの祭典」東京読書サミット#4を開催します!

今週土曜(7/6)、「東京読書サミット」というイベントを開催します📖

このイベントは今回で4回目。
毎回「本」と「本好きの人々」に囲まれた、幸せな空間を演出しております。
どんなイベントか? 今回で4回目ですので、だんだんイベントの「型」も定まってまいりました。
毎回こんな構成で行っております。

16:00-16:30 受付
16:30-16:35 はじめに
16:35-17:20 トークライブ
17:20-17:50 ビブリオトーナメント(予選)
17:50-18:00 10分間休憩
17:55-18:20 ビブリオトーナメント(決勝)
18:20-18:30 結果発表・写真撮影・終了
18:30-19:30 懇親会

ビブリオトーナメントとは?
ビブリオトーナメントとは、参加者同士をつなぐために考案された東京読書サミットの目玉企画です。

このワークショップでは、まず参加者の皆さまをグループに分けたあと、グループ内で「わたしの大事な一冊」をテーマにプレゼン&ディスカッション。

その後投票を行い、一番「読んでみたい」と思わせる本の紹介をした方は、決勝プレゼンに進むことができます。
(決勝プレゼンと言っても、司会者との対談形式で進めますので、あがり症の方でも安心です)



決勝プレゼン後の投票で一位に選ばれたら、その方と、その方を輩出したグループの皆様にはちょっとした景品を贈呈いたします。
ちょっとしたゲーム要素があるおかげで、会話が盛り上がること、グループのメンバーと仲良くなれることは請け合いです😊
トークライブトークライブは、ゲストが「わたしの大事な一冊」をテーマにして、縦横無尽に語り尽くします。

無知

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。
====
今日は、自分が一番物を知らなくて、一番物分りが悪くて、一番ピントがズレてて、そこに居た皆さんが先生で、ずっと緊張してて…最高に楽しかった。ぼくはなんだか、自分の世界を常に広げ続けていたいタイプらしい。願わくば、死ぬまで世界を広げ続けていたいものだ。自分に価値を求めないことで心の安寧を得ている人間としては、自分の慢心を打ち砕き、自分が一番無知であるような場は本当にありがたい。そんな場では、誰もぼくに特段の関心を払わない。なぜなら、その場で一番無価値な人間だからだ。
もちろんそんな場は居心地が悪い。逃げ出したい。不安だ。疲れる。つらい。
しかし、そんな場で素直に自分の無知を認め、自分よりも遥かに年下の人たちに教えを乞うという体験が、最高に刺激的で、生きていると言う実感さえ得られる。逆に言えば、居心地のいい場所でのんびり構えている時は、半ば死んでいるようなものとすら感じられる。願わくば死ぬまでこういう経験をしていきたいものだ。死ぬほど、生きろ。悪くないコピーじゃないか?