2015年7月31日金曜日

メモ 2015/07/31 反成長

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 
----

先日のことだが、新潮という雑誌に、水木しげるが出征前に書いた手記というものが掲載されていたので読んでみた。戦争というほぼ逃れ得ない死を前にして、哲学や宗教に心の安住を求めようとし、しかし戦争という圧倒的なリアルを前に全てが力不足…という雰囲気が伝わるものだった。

個人的には、これが20歳に満たない青年の書いたものだということが衝撃的であった。自分がそんな歳だった時のことを思い出すと、はっきり言って白痴に等しい。片親しかいない子供が「しっかりしてる」と評されることが多いのと同様に、社会のリアルと強制的に向き合わざるを得ない状況は、人の精神的な成長を促すのであろう。

ところで、あえて今「精神的な成長」という言葉を使ったが、実はぼくは成長という言葉が嫌いである。人間の身体的な発達という意味での成長や、数字に裏打ちされた成長 - 例えば経済的な成長 - という意味でなら良いが、「精神的な」成長という意味合いが嫌いなのだ。

何故なら「精神的な成長」という言葉には、人間の精神に「目指すべき高み」があり、そこに近づいているというニュアンスが含まれている気がする。精神的な変化とは、つまり価値観の変容ということに他ならない。したがって、「精神的な成長」というフレーズは、人間の価値観に高低があるという前提を感じるのだ。

より高みに位置する価値観とはなんだろうか?社会に順応していることだろうか?度量が広いことだろうか?現実を受け入れることだろうか?品を身につけることだろうか?謙虚な人間であることか?

挨拶一つできない人間は、精神的に未熟なのだろうか?例えばそれが圧倒的な才能を持つ芸術家だったときたら?
狭量で、他人のミスを許せず、徹底的に糾弾するような人間はどうだ?例えばそれが、世界を変えるような発明を生み出す企業のCEOだったら?いい歳して、現実離れした空想ばかりしている人間はどうだ?そんな人間が、もしかすると世界的に大ヒットするファンタジー小説を書くのかもしれないではないか。下品な人間はどうだ?世界的に有名なある音楽家は、スカトロネタが好きだったことでも有名らしいが。傲慢な人間はどうだ?歴史に名を残した人物は、もしかすると傲慢な人の方が多いのではないか?

だからぼくは、精神に価値の高低があるとは思わないようにしたいと、常日頃から望んでいる。自分としては、より社会に順応し、より現実を直視する人間でありたいとは望むが、それは個人的にそう望んでいるだけのこと。客観的な価値の高低ではあり得ない。だが、自分の中の価値観と、他人への評価を切り離すのはとても難しい。ともすれば、自分の価値観にそぐわない人を未熟と断じてしまいがちだ。そうした態度に陥らないためには、常日頃からの実践により、自分と他者を切り離す「振る舞い」を身につけていく他ない。その小さな「実践」の一つが、「成長」という言葉に反発することであり、自分と異なる価値観を持つ人を見たら「面白い」という言葉で迎え入れることなのである。