スキップしてメイン コンテンツに移動

メモ 2015/07/06 自由について

一つ前の記事で宣言したとおり、読者不在でつまらない、めちゃくちゃな文章を書くのが、このブログの目的である。

手始めに何を書こうか。

ここ数年、ずっとぼくの心を捉えているテーマに「自由」がある。ぼくが人生をかけて挑んでいるのは、自由を獲得するため、そして自由に創作活動をするためだということがわかってきたからだ。

で、ここ最近の政治の話題を見るにつけ、自由の意味に思いを馳せずにはいられない。
思うところは数多くあるが、まずは自民党の若手議員や百田尚樹さんが出席したという勉強会で、「マスコミを懲らしめろ」だとか「沖縄の新聞を潰せ」だとかの発言が出たことに対して。

ぼくは、事の是非にはあまり興味がない。もちろん、自由大好きな身からすると看過できない発言なのだが、それが「正しい」か「正しくない」かを論じるつもりはないし、そんな知識もないし立場でもないし、他人を断罪するということに興味もない。人は人だ。

ただ、このことが世の中に投げかけた問いは非常に興味深いものだったと思う。すなわち、「他人の自由を侵害する発言を行う自由はあるか」というとのだ。
渦中の彼らの発言は、「マスコミ」に対する(報道、言論の)自由を侵害するものだったと言っても良かろう。こうした発言を行うことを、言論の自由は保証するのだろうか?

まあ、こんな問題は今に始まった事ではない。どこで読んだか忘れたが、「民主主義を否定するような言論を、民主主義は許容すべきか」という議論は古くからあるそうだし、今回の件もまさにそれと同カテゴリー、変奏ですらない。先行する研究も数多くあることだろう。

それと知りつつ、そして自分の無知を知りつつ、思うところを書いてみる。個人的には、「どんな言論、表現であっても、まずは自由が保証されるべきだ」と考える。それが民主主義を否定するものであっても、他者の人権を踏みにじるようなものであっても、虚偽であっても、極めて偏向していようともだ。

そうした言論、表現に対して評価を行うのは、その時代の人間たちによる、これまた言論(報道)といった手段であるべきで、そこに権力の介入、例えば法律などは必要ない。他者の自由を著しく毀損するような言論、表現には、相応のリスクを伴う。時に社会全体から総叩きにあうようなこともあるだろう。他者の自由を軽んじたことへの制裁は、そうした形で与えられる。

自由を侵害するような言論に対して、「そうした言論を行う自由を侵害する」言論が抑圧を加えるという構図、そこに国の権力は介入しない、そういう構図が望ましいように思う。自由は壊れやすい。国の権力が介入して、言論に一定の線引きを行うことは、権力による自由の侵害に歯止めを掛けられず、時の権力が是とする価値観を肯定する法整備が行われてしまい、果ては全体主義、抑圧的な社会主義に繋がる道であると考える。

他者の存在を前提する社会という場において、完全な自由はあり得ない。あるのは、自由を尊重し、そして侵害し合う個人間の相互作用だ。多様な価値観を認め、積極的に発言し、他者の自由を侵害する言論には、これまた言論が戦いを挑む。今この瞬間、個人的に好きな思想はそんな感じだ。将来に渡って価値観が変わらないことを保証はしないが。

このブログの人気の投稿

ゆるGEB(げぶ)という読書会を開催しました

昨日、通称「ゆるげぶ」こと「【ゆるふわ】ゲーデル・エッシャー・バッハ読書会」という会を催してきた。

その名の通り、ゲーデル、エッシャー、バッハ―あるいは不思議の環という本をみんなで読む会である。株式会社コパイロツトさんに場所をお借りして、男性3名、女性5名という男女比での開催となった。なんの気負いも打算もなく、純粋に(知的)好奇心だけで行動できる人が女性には多い。これって実はすごいことだと思う。

そして、「ゆるく読もう」をテーマに集まり、参加者みなそれを心がけていたはずなのに、結局のところ3時間超、自己紹介の時間を除いても2時間程度、みながみな必死に思考の限りを尽くす時間となった。

まだ序論しか読んでいない状態なので、「この本はどんな本(だった)か」を語れる立場にない。しかしそれでも言えることは、とにかく難物である。文章そのものは平易で、表現もストレート。難しい専門用語もほとんど使わない。なのに、難しい。とにかく次々に「知性で乗り越えねばならない壁」を眼前に突きつけられるような感覚を抱かされる本である。

だからこそ、乗り越えた時は喜びもひとしおである。昨晩は、「数論の命題を数で表すことができれば、数論の命題が数論の命題についての命題であり得ることを見抜いた」という文章(P.33)について、参加者が次々に説明にトライしては玉砕していたり、集合についての問題(P.37)についてみんなで数十分頭を悩ませたり…と、これまでの人生であまり出会ったことのない体験に遭遇できた。いろんなイベントを企画してそれなりの体験をしてきた身としては、こういう新感覚に出会うことは望外の喜びである。そうか、人間は難しいことに悩むという体験も、共有することでエンターテイメントに昇華できるのだな、と。

個人的な理解はまだまだ追いついていない状態だが、これからの展開に対する予感も含めて現時点での感想を書くと、「『(論理的に)考える』とは何なのか」について語っている本なのだろうと感じている。

アキレスが亀に追いつけない」という逸話で有名なゼノンのパラドックスや、「クレタ人はみな嘘つきである」で有名なエピメニデスのパラドックス、そして先ほどの集合はラッセルのパラドックスから着想した問題らしいが、現実世界では問題にならないことが、思考で捉えようとすると、論理として成立せず、真とも偽とも言えない状態が…

2017

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 ---- 新しい年が始まった。初日はぼくの実家でダラダラしながら、合間にグダグダものを考えていた。ここに示すのはメモであり、私以外の人間が読んでもおそらく意味がわからないだろう。
昨年は、あらゆる価値観を肯定する術を見出したように思い、実践する日々であった。その結果得られた洞察もある。
あらゆる価値観を肯定しようとするものには、いくつかのハードルが現れる。
一つが道徳の問題。道徳に反することを肯定することは可能か、という問題である。これは陳腐な問いのようであり、答えは常にイエスとしか思えない。しかし、道徳の表す対象が、社会的な規範ではなく、内面的な規範や美学であった場合、事は複雑になる。私は、(自分的には絶対許せないと確信している)麻薬の売人や、女性や子供に暴力を振るう男を肯定できるのか?という問題である。絶対に肯定はしたくない。しかし一方で肯定もしたい。それは無矛盾を求める気持ちからである。
一つが主客の問題。私が許せるもしくは許せないことと、社会的に許されているもしくは許されていないことの間に、不一致があった場合のジレンマである。
さらに一つは、勉強熱心な政治家のジレンマである。政治家は勉強熱心であればあるほど、大衆の感覚がわからなくなっていく。大衆はそこまでものを考えていないからだ。これは、大衆をバカにしているのではない。専門家とそれ以外、という構図がある場合にはどこにでも成り立つことであり、いわば社会の至る所にあるジレンマである。ただそれが政治家の場合は、大衆の気持ちと乖離するということが彼にとって致命的だということだ。もしかすると国の将来にとっても。そういう意味で、私は昨年のトランプショックのことは忘れないだろう。 そして、私は価値観についての諸々を考えるうち、一般的な感覚からはだいぶ遠いところに来てしまった感覚がある。おかしい、私は社会一般、人間一般を探求していたはずなのだが。
このうち、前の二つについては今日、解決のヒントが見えた。
個人の価値観と集団の価値観の間にジレンマがある、というのが二つの問いの前提にある。そしてそこに乖離が生じたときに問題が発生する。
しかし私は実は、乖離が生じたときの問題については昨年乗り越えていたのだった。すなわち、社会的な価値観を受け入れるかどう…

やりたい事探し

注意:このブログは、読者不在を心掛けつつ、白石俊平個人の私的な文章を面白くなく綴るものです。 ---- 世の中、「やりたい事を見つける」と言うのが正しい事であるとされているようだ。やりたいことに全力を費やす、そんな時間の楽しさを知っている人間が、悩める人間に与えるアドバイスとしては、しごく真っ当なものだろう。
だが私はここ数年、そうした風潮に異を唱えてきた。私は、会社を3回転職してフリー、その後起業すること3回、一度は収入をかなぐり捨ててコミュニティ活動に全力を費やしたりもした人間だ。「やりたいこと探し」に費やした時間だけは、そうそう人に負けない自信がある。そして、やりたいことを見つけたと思って踏み出すと、その道は大きく外れていて軌道修正を余儀なくされる…という目に何度もあってきた。だから、やりたいことを探す、という行為には非常に懐疑的であった。そんなことに時間を費やすなら、何も考えずに、心の赴くまま行動するほうが良いと。
ただ、そうした「思考放棄」にも聞こえる思想は、実際悩める人々には伝わらないということも最近分かってきた。いやまあ、アドバイスなんてガラではないし、むしろ忌避したいと思うくらいなのだが、年を取るとたまに若い子とそういう話になる事もある。そして、「やりたいこと探し」に大きな時間を費やした人間としては、何事かを伝えたくなってしまうのもまた、事実だ。
そんなことをなんとはなしに考えていたある朝、ほぼ夢うつつの状態で、この件に関して脳が勝手に思考し、答えをまとめていた。そういうことはたまにあるが、だいたい忘れてしまう。しかし今回は、起きたあともはっきり覚えていたので、自分に対しての備忘録がてら書き残そうと思う。
「やりたいこと探し」は、自由な社会に生きる私たち特有の悩みといえよう。今後も自由が保たれるなら -- そうしなくてはならない -- 私たちにずっとついて回る、もしかすると一生付いて回る問いかも知れぬ。
その問いを愚問だとして退けることも難しい。その問いに心が囚われた瞬間から、その人に取って人生最大の関心事となるのは間違いないからだ。では真正面から向かい合うとして、何に気をつけるべきか。どうしたらその問いに誤りなく答えることができるのか。
私が考えるに、気をつけるべきことは3つある。 一つ、「今」に最も集中すること。 一つ、私の「欲」を表す言葉を使うこと。 一つ、答え…