2014年11月18日火曜日

このブログの方向性を考えてみた

昨日申し上げたように、このブログの過去記事を全部非公開にしたわけですが、今後の方向性を考えてみたいと思います。

まず、誰から読まれてもいいように、きちんと編集を行った(つもりの)テキストのみを公開するようにします。編集って言っても、自分しかいませんけどね。

ですます調を使います。ぼくは、メディアの縛りなどがなければ、外向けのコンテンツはすべてですます調で統一しています。その方が、「人に語りかけている」と自分が自覚できるから。「もはやネット上にプライベートな空間があるかのように振舞うことをやめる」というのが、ぼくの今回の心境の変化なので、すべてのテキストは人に読まれることを前提としたいのです。

毎日書く。ちょっとでもいいから書くようにします。これまで、日記という体裁でよしなしごとを綴ってきたのは、記憶力と言語化能力を鍛えるためでした。特に記憶力がやばくて、具体例を示そうと思ってもいい例を思い出せず、人に意図をうまく伝えられないことも頻発しているので、むしろ積極的にアウトプットしていきたいと思っています。

とは言え、人に読んでもらいたいという欲は出さない。これも今まで通りです。他人に読んでもらうことを欲すると、結局読んでもらうことが目的化し、「書きたいことを書く」という自由が失われてしまいます。とはいえ、これまでとは異なり「いつ読まれるかわからないことを前提とする」スタンスに変わった時点で、自由は相当失われている訳ですが…
以前の状態は、(読み手という)他者の不在を仮想することで自由に書いていましたが、「読み手は存在する」という現実を認めてしまった以上、ある程度の自由が失われてしまうのは致し方ありません。ここら辺のバランスは、書きながら探っていくことになるでしょう。

最後に、このブログはぼくにとって「表現の場所である」と定義して終わりたいと思います。これまでこのブログは「ひとりごと」でした。読む人はいない、と考えていたのですから当然です。これからは違います。

他者に読まれることを前提としながらも、読者がいないかのように自由に表現する。そして、読まれる事は欲さない。中々の難事業ですが、気楽に、気長にチャレンジしていきたいと思います。
「ネットに書く」という行為は、なんでこんなに難しいんでしょうね。